その他

チューもく!! 東映テレビドラマLEGACY                 第2回『森村誠一の殺意の重奏』

文/伊東叶多

先月よりスタートさせていただきましたコラム「東映テレビドラマLEGACY」。第2回となる今回は、『土曜ワイド劇場』(77~17年)における初の田村正和主演作品『森村誠一の殺意の重奏』をご紹介します。

『土曜ワイド劇場』は、日本のテレビ界における長時間ドラマ枠の先駆け。この枠の成功により、1980年代はそれこそ毎日のように「2時間サスペンス」が放送されるようになりました。ただし『土ワイ』については最初から2時間枠だったわけではありません。番組がスタートした1977年7月から1979年3月まで、2年足らずの間だけは90分枠だったのです。今回、ご紹介する『殺意の重奏』も、そんな時代の作品。放送年月日は1978年5月27日でした。田村正和は当時34歳。当時は主演時代劇『若さま侍捕物帳』もオンエア中でしたが、この作品では、会社での出世のために、野心を隠そうともしないギラギラした男を演じています。

 

大手商社の経理課に勤務する三宅明(田村正和)は、ある夜、佐野課長(天田俊明)からの指示で、同期で係長を務める秋本(長谷川明男)に電話をかけ、「明日は早めに出社するように」と伝えました。どうやら、課長と秋本は何か問題を抱えているようです。

ところが翌日、秋本は早く出社するどころか、無断で遅刻。電話もつながらないため、三宅が秋本の住むアパートへ様子を見に行くことになりました。

すると――なんと秋本は自宅で死んでいました。死因は青酸化合物による中毒死。自殺か他殺かも含め、警察の捜査が開始されます。やがて、秋本の業務上横領容疑が発覚。秋本の単独犯行ではありましたが、上司の佐野も責任を取らされて左遷。そのため課長、係長のポストが空き、三宅の係長昇進が決定しました。さらに三宅は、秘書課の立花弓子(多岐川裕美)とも結婚。まさに前途洋々といった状況でしたが、警察は秋本にライバル意識を抱いていた三宅に着目し、「秋本が死んで最も得をした人物」として、彼をひそかにマークし始めました。

そして事件から約1年が経ったころ、捜査は意外な形で進展を見せるのでした。

 

この『殺意の重奏』、ドラマ版では原作の骨子を活かしつつも大きな改変が加えられており、「誰が犯人なのか」というサスペンスが終盤まで持続する形となっています。タイトルの“重奏”の意味も、この改変によって、より深まったように感じました。

さて、あらすじに記した面々のほかにも、豪華なキャストが顔を揃えています。中でも、特筆したいのがベテラン刑事役で登場している小池朝雄。その役作りはまさに、小池が長年にわたって吹き替えを担当した“コロンボ”そのものなのですが、当時は本作に限らず時折このようなパロディ的な刑事役を演じていました。そして小池と同じく名バイプレーヤーとして知られた成田三樹夫(50代の若さで世を去ったのも小池と同じ?。─獬鲅?。ただしこちらは1シーンのみでした。なんとも贅沢ですね。

また、東映特撮ヒーロー作品のファンにおなじみのキャストも。小池朝雄とコンビを組む若手刑事役は、『仮面ライダー』(71~73年)のFBI捜査官?滝和也や『ロボット刑事』(73年)の新條刑事などを演じた矢吹二朗(千葉治郎)。三宅に想いを寄せるあまり、意外な行動に出て捜査陣を困惑させる女性社員を演じたのは『ザ?カゲスター』(76年)のベルスター役だった早川絵美です。さらに、「下着泥棒で逮捕される予備校生」という役どころで、後に『電子戦隊デンジマン』(80~81年)のデンジイエロー役となる津山栄一(本作では本名の「三木豊」名義で出演)も登場。全く本筋に関係のない人物かと思いきや……詳細は本編でご確認ください。

クライマックスで次第に明らかになっていく、いくつもの悲しい真実。この時代の「テレビ映画」の良さは、説明過多にならず、最低限の表現で、あとは「視聴者に想像させる」というスタンスを採っているところ。逆に言えば、それだけ監督に演出力があり、また役者の演技力にも「信頼」が置けたという証明でもあると思います。視聴者に気を遣いすぎるあまり、なんでもかんでも「分かりやすく」見せるという近年(に限りませんが)の風潮は、それはそれで手間のかかることではあるでしょうけど、時に「そこまでしなくても」と感じてしまうのは、贅沢なことなのでしょうか……。

それでは、また次回へ。なお4月の「違いのわかるサスペンス劇場」では、本作のほか、1983年に『火曜サスペンス劇場』で放送された「青い幸?!梗ㄔ鳎浩窖夜Γ餮荩盒轮槿Т?、岡田裕介)も放送されます。どうぞ、ご期待ください!

 

<放送日時>

『森村誠一の殺意の重奏』

4月6日(土)13:00~

4月20日(土)13:00~

4月30日(火)13:30~

 

『青い幸?!?/p>

4月3日(水)24:00~

4月13日(土)13:00~

4月27日(土)13:00~

2019年3月25日 | カテゴリー: その他
かめぽん

チューもく!! 昔ビーバップ、今は渋い大人の魅力、仲村トオル

始動40周年記念?セントラル?アーツの軌跡の特集も早、5回目。今回は仲村トオルさんだ。
ビーバップやあぶない刑事シリーズでお馴染みだが、かめぽんがどきゅんときたのは、某民放ドラマのちょっとサイコな男の役。いまでも、そのドラマの彼が大好きなのだが、それとは別の魅力のトオルさまを本シリーズで学んでみたい。なかでも「行きずりの街」は楽しみ
201903

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は先月に引き続き「2か月連続特集【仮面ライダーアマゾンズのすべて Vol.2】」が登場。アマゾンリアル世代なので、期待しちゃう。アマゾンはけっこう衝撃的なインパクトを我々に与えてくれたからな?。アマゾ???ンって真似なんかしてみたし?!干Q90年 監督 五社英雄の世界 Vol.2」ではこれまた大好きな夏八木勲さん主演の「牙狼之介」「牙狼之介 地獄斬り」が。姪っ子は「プリキュア映画カーニバル!2019春」を楽しみにしているし、今月もまた大人も子供も楽しめる。お正月の相棒映画特集を見逃した方は「『相棒-劇場版-』スペシャル Vol.1」も放映されるので、チェック

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく?

2019年3月1日 | カテゴリー: かめぽん
その他

チューもく!! 東映テレビドラマLEGACY                第1回『現代鬼婆考?殺愛』

『キイハンター』(68~73年)に『プレイガール』(69~74年)、『非情のライセンス』(73~80年)に『特別機動捜査隊』(61~77年)……。いずれも、日本のテレビ史にその名を残した傑作「テレビ映画」ですね。その一方で『五番目の刑事』(69~70年)や『ゴールドアイ』(70年)、『ターゲットメン』(71~72年)などは“知る人ぞ知る”タイトルだと言えるでしょうが、近年、東映チャンネルでは、これら60~70年代の「テレビ映画」の放送が充実していると感じます。劇場公開作品はもちろん、テレビの特撮ヒーロー作品やアニメ作品が好きで東映チャンネルに加入している方は多いと思いますが、アクションドラマやサスペンス、時代劇など多岐にわたる東映の「テレビ映画」を偏愛している方も、きっと多いのではないでしょうか。

かく言う私もそのひとりでありまして……?,F在の地上波でよく言われるところのコンプラなんとかの基準を遥かに超越したレベルで繰り広げられる物語と映像描写に、常にクラクラ。これらの作品を、映画館ではなく、お茶の間で観ることができていたという事実も含めて、感動してしまうわけです。

東映チャンネルさんには今後も、こういった「テレビ映画」群の発掘を続けてほしい……という切なる願いを込めて、今月より「東映テレビドラマLEGACY」なるコラムを連載させていただきます。ここまでの流れから、なぜ「テレビ映画LEGACY」ではないのかと思われるかもしれませんが、はっきり言うと、それはいずれフィルム撮影ではなくビデオ収録による作品も紹介することになるだろうから、という保険でございます。どうか、ご了承ください。

第1回ということで、前置きが長くなりましたが、今回ご紹介したいのは、小池一夫(一雄)原作?千葉真一主演による『現代鬼婆考?殺愛(さつあい)』です。この作品は1973年(昭和48年)9月28日(金)に放送された単発ドラマ。当時、大阪の毎日放送(MBS)をキー局として、NET(現:テレビ朝日)系にて放送されていた『サスペンスシリーズ』という枠がありました。早い話、後の2時間ドラマのようなものではありますが、このころはまだ『土曜ワイド』も『火曜サスペンス』もなかった時代。1時間枠の『サスペンスシリーズ』は2クール(半年)続いて終了を迎えましたが、『殺愛』はまさに、この枠の最終回を飾った作品でした。

八坂産業の社長?八坂総一郎からの殺人の依頼を受けて、安達ヶ原から久しぶりに東京へやって来た、ひとりの老婆がいました。彼女の名は、大庭しげ。年齢はなんと300歳だといいます。

しげは昔から、八坂の依頼を受けて多くの人間を殺してきました。しかし今回のターゲットは八坂自身。彼は、自分が余命3ヶ月ということを知り、自分と妻を全く同じ時刻に別の場所で殺してほしいという、困難な依頼をしてきたのです。

「愛するが故に殺す、愛しているからこそ殺される」――それが、八坂の「殺愛」哲学でした。

これを了承したしげでしたが、八坂にも、そして妻の花江にも、その立場上、屈強なSPたちがついています。この計画が極秘である以上、しげはSPたちをかいくぐって、二つの殺人を成功させなければいけません。しかも、「別の場所」で「同時」に……。

そのころ、安達ヶ原から、もうひとりの人物が東京へと向かっていました。それは16歳の可憐な少女?大庭しげみ。彼女が上京した目的は、果たして?

……というのが『殺愛』のあらすじです。焦点は、老婆しげがどうやって殺人を成功させるか、なのですが、それにとどまらず、物語は実にトリッキーな組み立てとなっています。最初に「千葉真一主演」と書きましたが、このあらすじでは、いったい“千葉ちゃん”がどの役を演じるのか、分かりませんよね?(番組紹介用の写真を見れば、きっとお分かりになると思いますが……)

本作を手がけた竹本弘一監督は『仮面ライダー』(71~73年)と『秘密戦隊ゴレンジャー』(75~77年)、現在まで続く2大シリーズの元祖となる両作の第1話を担当したというだけでもすごい経歴の持ち主なのですが、『キイハンター』においても「吸血昆虫島 上空異状あり」や「荒野の列車 大襲撃作戦」など、サスペンス&アクション編の傑作を撮っています。これらのエピソードの主役は、もちろん千葉真一。つまり『キイハンター』以来の竹本&千葉コンビがここで復活したことになるのです。そして――少女?しげみを演じるのは志穂美悦子。本作の約2ヶ月後から『キカイダー01』(73~74年)でビジンダー=マリを演じる彼女ですが、本作こそがテレビにおけるデビュー作でした。華麗なアクションを披露するシーンでは、「やられ役」として、現在のジャパンアクションエンタープライズ(JAE)社長にして映画監督でもある金田治や、名バイプレーヤーとして活躍中の春田純一(当時は「春田三三夫」名義)らが出演しているのも見逃せません。また当時、千葉と結婚したばかりだった野際陽子も意外な形で登場。盛りだくさんな内容で、ラストまで目が離せなくなることでしょう。

シリーズ番組とは異なり、単発ということもあって、これまで再放送の機会に恵まれなかった本作。今回、同じく『サスペンスシリーズ』の1本として放送された降旗康男監督?野際陽子主演による『人妻恐怖?地獄道路』(こちらも、なんともソソるタイトル?。─趣趣猡?、東映チャンネル初放送となります。どうぞ、ご期待ください!

 

<放送日時>

『現代鬼婆考?殺愛』

3月9日(土)13:00~

3月23日(土)13:00~

3月28日(木)14:00~

 

『人妻恐怖?地獄道路』

3月2日(土)13:00~

3月16日(土)13:00~

3月28日(木)13:00~

 

文/伊東叶多

2019年2月20日 | カテゴリー: その他
かめぽん

チューもく!! やっぱり極妻はこの人だね。迫力と美しさが輝く岩下志麻

かめぽんは岩下志麻さんが大好き。実は迫力ある岩下さん(極妻とか悪霊島とか、他社の作品の怖い義母とか)も好きだけど、コメディタッチの軽やかな志麻さんが大好物。SHIMAつながりでアミューズメントパークのCMにご出演されていた時なんて、かなり嬉しかった。志麻さんの本を書かれた方とお仕事をご一緒したことがあるのだが、絵文字バリバリの可愛らしいメールを送ってくださるとか。ああ、そんなメール、受け取ってみたい。
今月はそんな素敵な志麻さんを「連続放送!極妻スペシャル」と「生誕90年 監督 五社英雄の世界 Vol.1」で堪能できちゃうぞ。
余談だけど、志麻さんは大の虎党。かめぽん、そんなところにも親しみを持っております

201902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今月の東映は「花戦さ」「破裏拳ポリマー」を初放送?!钙蒲Y拳ポリマー」はアニメにどっぷりはまったので、興味津々?!富☉椁怠工嫌郴^で観られなかったので、ゆっくりおうちシアターで堪能できるのが嬉しい。
他にも、仮面ライダーやスーパーヒーロー特集(国営放送で放映中のドラマ「トクサツガガガ」な気分で堪能したい。ちなみにドラマの特撮部分は東映協力よ)や「オールスター清水の次郎長スペシャル」(錦ちゃんの石松がいいの)「連続放送!仁義なき戦い」など盛りだくさん

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく?

2019年2月6日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! 猪突猛進、今年も走り抜けますよ。 何卒、よろしくお願いいたします

201901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元旦といえば相棒スペシャル。このお正月は東映チャンネルも[相棒スペシャル]だ。相棒映画版4作品を放映。亀山くんからの「相棒」もそろい踏み。中でも「相棒-劇場版Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」は東映チャンネル初放送。他にもスピンオフ作品「相棒シリーズ 鑑識?米沢守の事件簿」「相棒シリーズ X DAY」の2作品も。相棒の映画をまるっと観られるチャンス。
またこちらも東映チャンネル初放送の「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」を含む、マジンガーZ特集も楽しみ。ちなみにかめぽんはアシュラ男爵大好き女子でした(当時)

「十七回忌メモリアル特集【映画監督 深作欣二】」や「笠原和夫傑作選 刊行記念【映画脚本家 笠原和夫】」でやくざ映画を堪能し、「映画『ドラゴンボール超 ブロリー』公開記念【ドラゴンボール特集】」でマジンガーZともどもアニメを満喫。3が日は「錦之助&賀津雄の殿さま弥次喜多スペシャル」で明るいお正月を。
やっぱり、お正月はTVの前でのんびりがいいな。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく?

2019年1月1日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! 師走は時代劇を楽しもう。 やっぱり、忠臣蔵で年越しだね

かめぽんにとって師走は忠臣蔵。東映チャンネルでももちろん特集?!赋喾[城断絶」やオールスターキャストの「赤穂浪士」、マニアックな「赤穂義士」が放映。
そして、20周年スペシャルでは、かめぽん一押しの「十三人の刺客」が。何度観ても本当にいい。週末、ゆっくりと本作を堪能しながら、師走の慌ただしさをちょこっと忘れたい。ああ、本当にまた狂気の管貫太郎さん演じるお殿様が観られるなんて。その殿様に息子夫婦を殺された月形さんの静かな怒りが胸にじわじわくる。
夢でござる?の「柳生一族の陰謀」に、高画質になった「仁義なき戦い」と「新幹線大爆破」、極妻にあぶ刑事(でか)など東映の変遷も楽しめる。これぞ、東映作品という数々をお楽しみあれ。
十三人の刺客

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月も20周年記念特集他にも、ドラゴンボール特集やスーパーヒーローCLIMAX、先月からスタートのセントラル?アーツの軌跡の第二弾。また、裏特集では「東映異常性愛路線の全貌」も。まとめて放映される機会は少ないので、ぜひに。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく?

2018年12月1日 | カテゴリー: かめぽん
1 / 1312345...10...最後 »